熟女チャットで相手を褒め称え、嫌がっていた人とエッチが出来ました。

一人暮らしをしていたのですが彼女もいませんでしたので寂しい夜を過ごしていました。
会社と家との往復の毎日が続いていたので遊びに行く事も無く、当然ながら金銭的には余裕がありました。
そこでネットでも良いので恋人の様な雰囲気が味わいたかったですし、恋人に使ったと思うようにしてお金を払っても良いと考え、ライブチャットを利用する事にしました。
熟女専門のライブチャットでしたが、年齢的には35歳から50歳前後の熟女の方が多数登録をされており、トップページの待機画面からログイン状態が分かりました。
中からポッチャリ気味な38歳の女性を選んだのですが、プロフィールには雰囲気次第で見せますと書いてありました。
話の流れで期待に沿えますと記載をされており、普通に話すのでは高い料金を払う意味が無いので、エッチ目的でインをしました。
インをする前は顔半分が隠れていたのですが、インをしたとたんに顔の全体を出して来られ初めて全体像が見えてきたのです。
38歳と書いてありましたが凄く若く見える方ですし、綺麗なお姉さまと言った方でした。
始めましてと挨拶をしてお話が始まりましたが、世間一般の話をして雑談をしていました。
しかしここはライブチャットでありますし、普通の話で時間を取られてはお金が無駄なので、話を切り替えてエロ話に持って行こうとしましたが、振られるのが嫌なのか普通の話をしたがるのです。
60分6千円に値する会話ではありませんし、友達と話しているのと変わらない状況です。
せっかくインをしましたし、このままでは後悔をすると思いましたので、エッチをしようとお願いをしたのですが、今は出来ないのでごめんと言われてしまいました。
見当外れかなと思いましたが彼女にはとても魅力があるので、後1時間あなたと喋るからエッチをしようと頼みました。
熱意に負けたのか上着を脱ぎ始めて胸を手で隠しながら見せてくれたのですが、綺麗な肌をしており形の良さそうなおっぱいが想像できます。
しかし手で隠していて見る事が出来ないので、魅力的で透き通る肌をしているね、と褒めると、彼女も嬉しかったのか手を下げて見せてくれたのです。
ここまで来ると興奮状態が増してきたのですが、さらに願望が高まって行き、今度はお尻が見たいというと、スイッチが入ったのか見せてくれたのです。
綺麗なお尻で魅力的だと褒めると、彼女は照れながら微笑み返してきました。
すると彼女が変な気持ちになったと言い出し、一緒にしませんかと言って来たのです。
望んでいた事なので画面を出しながら一緒にエッチをしましたが、最初の雰囲気とは一転、エッチで充実した時間を過ごせました。
サイトの形態としては始めから露出をしてと言う感じではなく、どっちとも言えない様なサイトだったので、初めからエッチをしたい場合は、エッチ専用のライブチャットに行ったほうが良いと思いました。

何度も通って顔を覚えて貰い友達になれました

夜になると人恋しい時間を過ごしていたのですが、紛らわす様にアダルトライブチャットで楽しんでいました。
彼女と楽しんでいるような仮想現実の気分も味わいたいですし、少しの時間だけでもお話をして恋人気分を満喫したかったのです。
お気に入りのライブチャットのトップ画面でログイン中の方を探しては、好みの女性を見つけて話をしていました。
その中で、一目惚れに近い女性を見つけてしまいお話をする事にしたのです。
名前はメグさんという名前で背は小さいですが、バストが90センチもあり、ポッチャリしたトランジスターグラマーの女の子でした。
お話をしていては料金が掛かる一方であり、あっという間にポインントが引かれてしまうので、手っ取り早く一人エッチを済ませて終わろうと考えていました。
ですが、彼女と話している内にエッチな話から逸れてしまい、一人エッチ所か身の上話になってしまったのです。
アダルトチャットを始めた理由として、彼女の家庭の事とか悩みを話しだし親身になって聞いていました。
話を聞いていて同情をする部分もありましたし、なぜか彼女が可愛そうになってしまいました。
この時点で1時間が経過をしてしまいポイントが無くなってしまったのですが、もう一度彼女と話がしたいと思い、コンビニまで行ってポイント決済で購入をして再び彼女と話すことにしたのです。
彼女も再び指名をされるとは思っていなかったようでビックリしていましたし、ありがとうと言ってくれました。
その後、身の上話からエッチな話に変わって行き、彼女の巨乳を見ながら一人エッチで刺激的な時間を過ごしました。
その後、一週間後にログインをすると、また彼女がオンラインになっており、先週の話の続きもしたかったのでインをしたのですが、再び来てくれた私に感謝をしてくれました。
二人でエッチな話を話をしながら挑発的なポーズを取り、喜ばせようと必死にサービスをして来ました。
その後、何度か彼女を見かけてはお話をするようになったのですが、何度か訪れて入る内に信頼関係が生まれたのか、スカイプのアドレスを教えてくれたのです。
本当に驚きましたし個人で話せればと良いと思っていたので夢のようです。
お客さんが居なくて暇な時は連絡をくれて話す時もありましたが、コールをされるとサインが鳴るようになっており、落ちて相手と話に行っていました。
ネットだけの関係で終わると思っていましたが、意思疎通ができると親しくなれる事もあるんだと思いました。

女の子と出会ってチャットやっててよかった

チャットに興味があって、よくインターネットで調べるようになりました。
ライブチャットといって、女の子と画面を見ながらしゃべれるものに興味があって、よく見るようになりました。
いろんな子がいて、画面でどの子と話すか決めます。
待っている間の顔も見れるので、その待っている姿が可愛かったりするのです。
あまりにも暇そうに髪の毛を触っていたり、お菓子を食べているところなどを見て、話しかけてみよぷかなと思い、声をかけました。
すると、にこっと女の子が笑ってくれて、話しかけてくれました。
思ったよりも高くてかわいい声で、好きなタイプの話し方でした。
食べているお菓子のことを言うと「こんな夜にお菓子なんて食べてたら、太っちゃうよね、でもやめられないんだよね」と可愛く困った顔をしていて、でもその女の子は全然太くないし、ちょいどいい感じの体をしていました。
「太ってないよ。かわいいよ」と伝えると、喜んでいました。
チャットのいいところは、商売でやっているわけじゃなくて、素人の普通な感じの女の子と出会えるところが良いです。
普通の女の子が、普段着着てパソコンの前に、無防備に座っていてくれる。
女の子の部屋なんてなかなか入れないから、生活感とかもなんとなく分かって、そういうのはライブチャットならではだなと、俺はそこに萌えています。
普通の女の子と、エロい話ができる楽しさ。
これを1から自分の力で始めるのは、無理なので、ほんとにチャットがあってよかったと思ってます。

ライブチャットは素晴らしい

ライブチャットは素晴らしいですね。
チャットと言うのは、女の子が好きなことで知られておりますが、男と女のチャットのほうが、少なくとも男から見て素晴らしいということは言うまでもないように思われます。
むかし、チャット!チャット!という嶺川貴子とかいう人のアルバムがありましたが、ああいうアルバムはけっこう良かったと思うわけですが、しかし、実際にチャットしてみると、本当に女の子と喋っているという感じが出てきていいのではないでしょうか。
チャットと言いますと、そんなに中身のあることをしゃべるわけでもないわけですが、それでも中身がどうかとかいうよりも、チャットしているということ自体が大事ではないでしょうか。
スカイプとか言って、フィリピンの人と英会話するようなサービスがあって、それが英会話学校の経営を悪化させているようですが、そういうのであれば、とにかく英会話をするというのが大事であるように、女の子と喋っていればそのうちにエッチなことも言わせることができるでしょう。
そういうところにチャットの醍醐味があるわけであり、会話がうまい人はそういうところに容易に持っていくことができるのでありましょうが、しかしながら、そうではなくて、しどろもどろしか喋れなくても、チャットと言う場所には魔法がかかっておりますから、けっこう喋ることができるのではないでしょうか。
書くいう私もけっこう喋ることが出来たので、お勧めしておきます。

初めてのとき気をつけたいこと

ライブチャットをするときに気をつけたいのは、コミュニケーションのとり方で、これを失敗すると、よくわからないままオナニーが始まって、そのままイッてしまうことにもなりかねません。
住んでいる場所や家族、お子さんがいるときは、子供のことなどをお話しながら少しずつプレイを進めていくと、場合によってはあとでダイレクトメールでお話したり、デートができたりします。
チャットレディに、直接ポイントをプレゼントできる場合は、ケチらずにポイントをプレゼントすると特別なお客さん扱いしてもらえます。
狙い目のチャットレディはあまり人気のない女性で、自分の許容範囲内の女性です。
人気のあるチャットレディは、一人きりでゆっくりお話するのが難しいのですが、ライバルが少ない女性の場合は、コミュニケーションをたくさんとれるので、仲良くなることができます。
おすすめのプレイは、いろいろな話をして仲良くなってから、過激なプレイを要求することで、メリハリをつけることで相手も激しく体をもだえさせます。
遠隔操作できるツールが使用できる場合は、いきなり使わずにまずは指でアソコやバストなどを触らせて堪能してから、大人のおもちゃの遠隔操作をします。
感じる前におもちゃを使ってしまうと、感じ方がわざとらしくなるので、最初は指で十分に感じさせてから、おもちゃを使うほうがギャップを楽しむことができます。
とくに人妻の場合は羞恥心を持っていてなかなか思い切ったことをしてもらえないことがあるので、思いっきり恥ずかしいことをさせると興奮します。

毎日会いたいエロいあの娘

チャットをはじめてから、いろんな女の子と話してきました。
少し趣味悪いかもしれないけれど、待機中の何気ない表情とか、無造作な感じとかを見ているのも好きでした。
いろんな女の子がいるんだけど、その中にすごく肌の色が白くて吸い付きたくなるような可愛い女の子がいました。
その女の子とはすぐに話さないで、待機中の姿をしばらく見ていました。
そのときに、癖なのかその女の子がよく耳を触っていて、その姿がすごく色っぽくて、なんとなくだけど伊耳を触っているとき、ちょっと気持ちよさそうな顔をするのは可愛いなとおもっていました。
毎日見ているうちに、話したらどんな女の子なんだろうと気になって仕方なくなって、とうとう話すことになりました。
そこで実は毎日、待機中の姿を見ていたことを告白してしまいました。
初めはすごく驚いているようでしたが、すごくかわいかったこと、毎日会いたくてたまらなかったことを伝えたら、笑顔になってくれました。
ほんとにタイプでかわいいと言いまくりました。
そして耳を触る姿がほんとにセクシーだと言ったら、照れながら喜んでくれまいた。
そして画面にめちゃめちゃ近づいてくれて耳を見せてくれました。
その時に胸の谷間も一瞬見えて、その奥の乳首が偶然見えました。
もうその姿を見て俺は興奮をしてしまいました。
俺のあれはめちゃめちゃ固くなってしまいました。
彼女に伝えると、めちゃはずかしがっていました。
その顔もかわいかったです。
俺たちはそこから毎日エロい会話をしています。

毎日違う美女と会っています

普通に彼女がいて付き合っていたら、いろんな女の子と、エロいことをするなんて、よっぽど度胸がなかったらできません。
でも俺はいろんなかわいい女の子と、エロい遊びがしたい気持ちがありました。
風俗とか行っていたら金なんて、すぐになくなってしまうから、チャットでかわいい女の子に出会いまくろうと思いました。
チャットにはほんとにいろんな女の子がいました。
今日はあの子、明日はあの子、まいにち違う女の子とエッチなことができます。
なかなか脱いでくれない子もいますが、そんな時は、女の子の好きそうなことを話して打ち解けるように会話をします。
部屋の中の様子や、女の子の服や、後ろに置いてあるものを見て、ほめたりすると会話がはずんだりします。
後ろに漫画やポスターなんか会ったら、すごいきっかけになるので、しっかりチェックです。
お互い好きなアーティストが一緒だったりしたら、その話で盛り上がったりして、心を開いてもらいます。
そして女の子の服を褒めまくります。
まぁパジャマとか多いんだけど、とにかく褒めて褒めて、そしてボタンを一つずつはずしてもらいます。
無理かなぁ、見たいなぁと、おねだり、懇願します。
真剣に、でもちょっとお茶目におねだりすると、案外女の子は脱いでくれます。
趣味とか話した仲ならば、心開いてくれていて、ちょっと警戒心もなくなって、大胆なことをしてくれるようになるものです。
そんなこんなではじめはちょっと手間がかかるけれど、最後は可愛い女の子が裸になってしまいます。
すげぇかわいいです。
そしてまた話したいって言ってもらえます。
こんなことチャット以外ではありえないなと思います。
ほんとに毎日お世話になっています。

あの娘を落とす技は、真心しかない

チャットで出会った女の子で、もう何回も話して話してただの世間話でも俺はまぁ好きだからいいかなって思っていた。
でもほんとうは彼女の全てを見てみたい、そんな気持ちを抱えていました。
チャットも3回目の時に、つい彼女に「ほかのやつとも話してんの?」と聞いてしまいました。
すると彼女は「最近は○○君とだけ話しているけど、他にもよく話す人はいる」と言われてしまいました。
正直ショックだったけれど、こういうチャットでの出会いだから、そんなのは当たり前だと、大人として理解するしかないと思いました。
でもなんだか切ない。
ほんとに俺はこの娘が好きなんだ、と気づいてしまいました。
この娘を落としたい。
俺のものにしたいってほんとに願いました。
毎日、チャットしてその娘の声を聞いて、その娘の悩み、楽しいこと、はまっていることを聞きまくって全部知りたいって思いました。
そんな毎日を繰り返していたら、その娘が、ある日いつもは大人しめな服ばかりだったのに、その日は肩を出して、なんだか大人っぽい恰好をしているではないですか。
俺は、見慣れない、セクシーな格好のその娘に、「かわいいよ」というと「喜んでほしくて、こんな服買っちゃった」と言ってくれた。
俺も事を意識して服を着てくれるようになったのが嬉しかった。
それから服だけじゃなく、その下の下着も俺の好みを聞いてくれ、付けて見せてくれるようになったのです。
ほんとに好きな子娘が、こんなかわいい恰好をして、俺の前にいるなんて、幸せすぎます。
なかなかはじめは、ただの世間話だけかもしれないし、発展もないかもしれないけど、ほんとに好きな娘だったから、すこしづつ心を開いてもらえた。
それが嬉しかったです。
今日も彼女とチャットします。

ライブチャットで気持ちよく抜くために

ライブチャットはもう何年も利用していますが、気持ちよく楽しむためにはいくつかのコツがあると思います。
絶対ダメなのは、乱暴に命令すること。
あとは、焦りすぎて速く脱がそうとすること。
この二つを避ければ、まあ普通に楽しめます。
ただ、ライブチャットのシステムのほとんどが時間で課金されてしまうので、なるべく速く気持ちよくなってもらって、こっちも気持ちよく抜きたいものです。
そのためにはどうしたらいいでしょうか。
まあ、女の子のタイプを見抜けることは大前提です。
たとえ、エロチャットでもなるべく脱がずに話しだけで何とか切り抜けようと考えている子もそこそこいるからです。
そういう子はだいたいブラウス着て、ボタンを一番上までとめてますね。
そもそも、そういう子は脱ぐ気があっても、脱がすのに時間かかりますから、よっぽどのタイプでなければパスしておきましょう。
で、脱ぐ態勢の整ってそうな女の子に決めたら、ただ脱ぎやすいように誘導してあげるだけです。
女の子も脱ぐきっかけやエッチなことを始めるタイミングを待っているのです。
だから、そんなに世間話とか不用です。
簡単な挨拶とカワイイね、辺りから会話して、どんな下着なの?見たいな。
とかで、ドンドンブラとかパンツとか見せてきます。
パンツ見せてくれたら、あとは○○ちゃんは、どこが気持ちいいのか教えて?とか言って、クリとか触らせれば、すぐにスイッチ入るので、おっぱい見たいなーとかアソコに指入れてみて、とか何でも命令し放題です。
あとは、好きなことを命令しまくって、かわいこちゃんのエロくなっていくところを見ながら思う存分抜いちゃいましょう。

アダルトライブチャットの魅力

あなたはライブチャットをご存知でしょうか?
今ではインターネットを利用することで、成人している方なら誰でも簡単にアダルトライブチャットを利用することができます。
オナニーをするときのおかずとしても良いですし、興味本位でアダルトライブチャットを視聴するのもおすすめです。

特におすすめなのがFC2ライブです。
FC2のライブチャットにはたくさんのかわいい女の子が登場するので、生放送のアダルトなライブをじっくりと楽しめますよ。
私もときどきFC2ライブを視聴していますが、かわいい女の子でオナニーをさせてもらっています。
課金をすることで有料のライブチャットも視聴できますが、無料でもそこそこ配信が見れるのが魅力的です。

FC2にはめちゃくちゃかわいくてエッチな女の子もいるので、美女のエッチな配信が見たい男性には魅力的だと思います。
チャット形式にもなっているので、リクエストすればそれに答えてくれる場合もあるのです。
かわいい女の子の恥ずかしい姿を見れば興奮しますし、ドキドキしますね。

FC2ライブは夜だとかなり配信者も多くいるので、夜に視聴するのがおすすめでしょう。
無料でも十分に楽しめますが、有料だともっと過激なライブ放送が見れるので、気に入った女の子が見つかったら課金するのも良いと思います。
私も好みの女の子がいたら課金して有料放送を見ていますし、すごく興奮できています。
エッチな生配信を見たい場合、FC2のライブチャットがおすすめですね。

好きだったあの娘に似ている

毎日職場と家との往復だけで、彼女もいないし、出会いもないし、でも女の子と話したいしで、チャットというものに興味を持ちました。

周りの友達もチャットをやっていて、「すげぇ可愛い娘がいるから、その辺の風俗より興奮するよ」と教えてくれました。
まぁ言い過ぎだろうと思ってはいましたが。

試しにチャットに入会してみました。
するとなんだか見たことあるような女の子がいました。

でも俺はもう30超えてるし、その子は明らかに20前半なかんじだから別人なわけだけど、学生の時に好きだった女の子にめちゃめちゃ似ている女の子がいました。

当時好きだったけれど、俺はただ見てることしかできなくて、すっげぇ憧れていた女の子。

そんな子が、まぁそっくりさんだけど、そんな子が、パジャマのような恰好で、胸なんか見えそうで、そんな恰好で俺の前にいるわけで、なんかすごく嬉しくなってしまった。

あの頃の俺は絶対に言えないようなこと、目の前の女の子に行っている自分がいました。

「好きだよ」

「かわいいね」

「胸きれいな形だね。触りたいな。エッチな声きかせてよ」

「もっとこっちおいでよ」

なんてあのころ彼女に言いたかったこと、やりたかったこと、言ってほしかったことを、目の前の女の子に思う存分試しています。

俺の片思いは、こんなチャットだけど、なんか叶ってしまったような満足感を味わうことができました。

20代の若いあの子の笑顔を今夜もまたみたいです。
まぁ話のほとんどはエッチなことになってしまうんだけど、エロいあの子の顔をみたくて、また今日も急いで仕事が終わったら帰る毎日です。

やっぱり女の子はのせてあげないとね

チャットをしていて感じることをここでは書きたいと思います。
チャットを始めて少し経った頃、慣れも出てきたのか、俺は女の子に馴れ馴れしくしてしまったり、ちょっとエッチな要求をすぐにしてしまったり、頼まれてもないのに、上半身裸でいたりと、女の子に嫌われるようなことをたくさんしてしまい、しまいには会話を少し下だけで、キックされることが多くなった。
キックというのは、画面を変えられて切られてしまうことです。
まともに話してもらえないほど俺は嫌われてしまったのです。
そういうのが10回くらい続くとこちらのへこんでくるので、なんとか女の子に話してもらえるように気持ちを変えることにしました。
まずは、裸にならない。
たしかに初めから裸の男と話したい人なんていないですよね。
そしてパソコンに写る範囲くらいは掃除する。
今まではかなり汚い部屋を見せていました。
そしてすぐにエッチな話はしない。
「脱いでよ」よく初めのほうに言っていたのをやめました。
酒ばかり飲まない。
ビールの缶をパソコンの前に置くくらい、飲んでいたこともあったので、女の子に怒られたこともあります。
いままでの俺はほんとに嫌われることばかりしていたと反省しました。
最近は服を着て、自分のパンツを見せなくなりましたし、会話も仲良くなって来たら、すこしづつエロい話をするようになりました。
「脱いでよ」のやめて「可愛いから触りたいな」「どうなってんのかな」みたいな女の子を褒めまくって、のせてのせて、脱いでもらいようにしました。
いろいろ反省して以来、女の子が心を開いてくれるようになり、胸や、肌を見せて、楽しませてくれるようになりました。
男も意識したほうが楽しい思いができると分かりました。