「実施調査してみた」カテゴリーアーカイブ

毎日違う美女と会っています

普通に彼女がいて付き合っていたら、いろんな女の子と、エロいことをするなんて、よっぽど度胸がなかったらできません。
でも俺はいろんなかわいい女の子と、エロい遊びがしたい気持ちがありました。
風俗とか行っていたら金なんて、すぐになくなってしまうから、チャットでかわいい女の子に出会いまくろうと思いました。
チャットにはほんとにいろんな女の子がいました。
今日はあの子、明日はあの子、まいにち違う女の子とエッチなことができます。
なかなか脱いでくれない子もいますが、そんな時は、女の子の好きそうなことを話して打ち解けるように会話をします。
部屋の中の様子や、女の子の服や、後ろに置いてあるものを見て、ほめたりすると会話がはずんだりします。
後ろに漫画やポスターなんか会ったら、すごいきっかけになるので、しっかりチェックです。
お互い好きなアーティストが一緒だったりしたら、その話で盛り上がったりして、心を開いてもらいます。
そして女の子の服を褒めまくります。
まぁパジャマとか多いんだけど、とにかく褒めて褒めて、そしてボタンを一つずつはずしてもらいます。
無理かなぁ、見たいなぁと、おねだり、懇願します。
真剣に、でもちょっとお茶目におねだりすると、案外女の子は脱いでくれます。
趣味とか話した仲ならば、心開いてくれていて、ちょっと警戒心もなくなって、大胆なことをしてくれるようになるものです。
そんなこんなではじめはちょっと手間がかかるけれど、最後は可愛い女の子が裸になってしまいます。
すげぇかわいいです。
そしてまた話したいって言ってもらえます。
こんなことチャット以外ではありえないなと思います。
ほんとに毎日お世話になっています。

毎日会いたいエロいあの娘

チャットをはじめてから、いろんな女の子と話してきました。
少し趣味悪いかもしれないけれど、待機中の何気ない表情とか、無造作な感じとかを見ているのも好きでした。
いろんな女の子がいるんだけど、その中にすごく肌の色が白くて吸い付きたくなるような可愛い女の子がいました。
その女の子とはすぐに話さないで、待機中の姿をしばらく見ていました。
そのときに、癖なのかその女の子がよく耳を触っていて、その姿がすごく色っぽくて、なんとなくだけど伊耳を触っているとき、ちょっと気持ちよさそうな顔をするのは可愛いなとおもっていました。
毎日見ているうちに、話したらどんな女の子なんだろうと気になって仕方なくなって、とうとう話すことになりました。
そこで実は毎日、待機中の姿を見ていたことを告白してしまいました。
初めはすごく驚いているようでしたが、すごくかわいかったこと、毎日会いたくてたまらなかったことを伝えたら、笑顔になってくれました。
ほんとにタイプでかわいいと言いまくりました。
そして耳を触る姿がほんとにセクシーだと言ったら、照れながら喜んでくれまいた。
そして画面にめちゃめちゃ近づいてくれて耳を見せてくれました。
その時に胸の谷間も一瞬見えて、その奥の乳首が偶然見えました。
もうその姿を見て俺は興奮をしてしまいました。
俺のあれはめちゃめちゃ固くなってしまいました。
彼女に伝えると、めちゃはずかしがっていました。
その顔もかわいかったです。
俺たちはそこから毎日エロい会話をしています。

ライブチャットで気持ちよく抜くために

ライブチャットはもう何年も利用していますが、気持ちよく楽しむためにはいくつかのコツがあると思います。
絶対ダメなのは、乱暴に命令すること。
あとは、焦りすぎて速く脱がそうとすること。
この二つを避ければ、まあ普通に楽しめます。
ただ、ライブチャットのシステムのほとんどが時間で課金されてしまうので、なるべく速く気持ちよくなってもらって、こっちも気持ちよく抜きたいものです。
そのためにはどうしたらいいでしょうか。
まあ、女の子のタイプを見抜けることは大前提です。
たとえ、エロチャットでもなるべく脱がずに話しだけで何とか切り抜けようと考えている子もそこそこいるからです。
そういう子はだいたいブラウス着て、ボタンを一番上までとめてますね。
そもそも、そういう子は脱ぐ気があっても、脱がすのに時間かかりますから、よっぽどのタイプでなければパスしておきましょう。
で、脱ぐ態勢の整ってそうな女の子に決めたら、ただ脱ぎやすいように誘導してあげるだけです。
女の子も脱ぐきっかけやエッチなことを始めるタイミングを待っているのです。
だから、そんなに世間話とか不用です。
簡単な挨拶とカワイイね、辺りから会話して、どんな下着なの?見たいな。
とかで、ドンドンブラとかパンツとか見せてきます。
パンツ見せてくれたら、あとは○○ちゃんは、どこが気持ちいいのか教えて?とか言って、クリとか触らせれば、すぐにスイッチ入るので、おっぱい見たいなーとかアソコに指入れてみて、とか何でも命令し放題です。
あとは、好きなことを命令しまくって、かわいこちゃんのエロくなっていくところを見ながら思う存分抜いちゃいましょう。

あの娘を落とす技は、真心しかない

チャットで出会った女の子で、もう何回も話して話してただの世間話でも俺はまぁ好きだからいいかなって思っていた。
でもほんとうは彼女の全てを見てみたい、そんな気持ちを抱えていました。
チャットも3回目の時に、つい彼女に「ほかのやつとも話してんの?」と聞いてしまいました。
すると彼女は「最近は○○君とだけ話しているけど、他にもよく話す人はいる」と言われてしまいました。
正直ショックだったけれど、こういうチャットでの出会いだから、そんなのは当たり前だと、大人として理解するしかないと思いました。
でもなんだか切ない。
ほんとに俺はこの娘が好きなんだ、と気づいてしまいました。
この娘を落としたい。
俺のものにしたいってほんとに願いました。
毎日、チャットしてその娘の声を聞いて、その娘の悩み、楽しいこと、はまっていることを聞きまくって全部知りたいって思いました。
そんな毎日を繰り返していたら、その娘が、ある日いつもは大人しめな服ばかりだったのに、その日は肩を出して、なんだか大人っぽい恰好をしているではないですか。
俺は、見慣れない、セクシーな格好のその娘に、「かわいいよ」というと「喜んでほしくて、こんな服買っちゃった」と言ってくれた。
俺も事を意識して服を着てくれるようになったのが嬉しかった。
それから服だけじゃなく、その下の下着も俺の好みを聞いてくれ、付けて見せてくれるようになったのです。
ほんとに好きな子娘が、こんなかわいい恰好をして、俺の前にいるなんて、幸せすぎます。
なかなかはじめは、ただの世間話だけかもしれないし、発展もないかもしれないけど、ほんとに好きな娘だったから、すこしづつ心を開いてもらえた。
それが嬉しかったです。
今日も彼女とチャットします。

好きだったあの娘に似ている

毎日職場と家との往復だけで、彼女もいないし、出会いもないし、でも女の子と話したいしで、チャットというものに興味を持ちました。

周りの友達もチャットをやっていて、「すげぇ可愛い娘がいるから、その辺の風俗より興奮するよ」と教えてくれました。
まぁ言い過ぎだろうと思ってはいましたが。

試しにチャットに入会してみました。
するとなんだか見たことあるような女の子がいました。

でも俺はもう30超えてるし、その子は明らかに20前半なかんじだから別人なわけだけど、学生の時に好きだった女の子にめちゃめちゃ似ている女の子がいました。

当時好きだったけれど、俺はただ見てることしかできなくて、すっげぇ憧れていた女の子。

そんな子が、まぁそっくりさんだけど、そんな子が、パジャマのような恰好で、胸なんか見えそうで、そんな恰好で俺の前にいるわけで、なんかすごく嬉しくなってしまった。

あの頃の俺は絶対に言えないようなこと、目の前の女の子に行っている自分がいました。

「好きだよ」

「かわいいね」

「胸きれいな形だね。触りたいな。エッチな声きかせてよ」

「もっとこっちおいでよ」

なんてあのころ彼女に言いたかったこと、やりたかったこと、言ってほしかったことを、目の前の女の子に思う存分試しています。

俺の片思いは、こんなチャットだけど、なんか叶ってしまったような満足感を味わうことができました。

20代の若いあの子の笑顔を今夜もまたみたいです。
まぁ話のほとんどはエッチなことになってしまうんだけど、エロいあの子の顔をみたくて、また今日も急いで仕事が終わったら帰る毎日です。